« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

マイケル J フォックス 自らを語る (1)

バック トウ ザ フューチャー など アメリカ映画を代表する
役者、マイケル J フォックスが ”インサイド ザ 
アクターズ スタジオに出演。 家族の事、下積み時代、
パーキンソン病である事を話されています。 
途中、症状の為 薬を投与するのに”二分ください”と席を
立たれたり。。。 彼はカナダ出身なんですね。

この1のあと 2、3と続きます。
この番組、NHK BSなんですが ずっと見たいと
思ってたら youtubeで出てきました。この他に 
アンソニーホプキンス、(あのハンニバル レクターの
役づくりなど話されます)ロビン ウィリアムズ、
ジョニー デップ、ラルフ ファインズ etc..
映画ファンのみならず、英語の勉強にもなります。
またとてもレベルの高い番組で 最後にオーデイエンス
である役者志望の生徒さんから質問コーナーがあり
それも必見です。
youtubeのお陰で 色々な役者さんのが見れます!!
有り難い!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

20代の私を救った本 その1


私の金儲け自伝 (PHP文庫 キ 1-2)
著者 邱 永漢
販売元 PHP研究所
定価(税込) ¥ 530Photo


その読み易さと 当時中国語を習っていて 
中国や台湾の人々の生活に興味があり 
邱永漢本にハマってました。
邱先生の本は実際にご自身が実行してきた事を
一般人にすっと入っていく様に書かれています。
この本の題名とは裏腹に 人生”トライ&エラー”
なんだな と思ったものです。
先生はいわゆる良い意味での”せっかち”であり、
そして”やってダメだ”と思ったら すぐ
”損切り”ができる人だと思います。
この本で印象に残ったところは

1. 命カラガラ 香港に亡命し, そこで一財産作った。
2. 東京に来て、作家を目指し、石原慎太郎氏と同時期に
 直木賞を取った。
3. 金儲け話にのりだし、株の先生に祭り上げられる。
4. コンサルタント、セルフクリーニング事業などをやる。
5. 砂利屋を手がけ、手伝いにきていた弟御さんを亡くされる。
6. 歌謡曲を作り ヒットになる。
など、読み応えのある内容です。
なかでも 私を励ましてくれたのは

”若者に与える一か条”
以下 本文抜粋。

私は青春の賭けに負けた失敗者である。
”お金儲けの神様”とは
その往生した姿のようなものである。 だから私は自分を
成功者などとは少しも思っていないが、しかし、自分の理想を
実現できなかった人にとっては励みになる面があるかも知れない。
かつて世界的な大富豪であるポール ゲテイがその著書
(”生きる事の価値”)のなかで、”人はいちばんやりたいと
思っている事をいつでもできるとは限らないが、それに代わる
適当なものを選び、それに適応できるものだ”という意味の
ことを述べている。
東京が駄目なら大阪があるさ、という流行歌があるが、ロクに
成功もしないのに、次から次へと職をかえていっても仕方がない。
しかし、人生は一つの仕事で成功できなくても、別の仕事で
それとあまり変わらない成果を得る事ができる。たとえば、私の
ところに出入りする青年のなかには、ゴルフのプロになろうと
思って必死になっている青年がある。また映画こそ俺の一生
の仕事だと自分に納得する為に、わざと他人に公言している
男がいる。 この青年達は、今狙っている仕事で成功できない
かも知れない。だからといって悲観する事はなにもない。
同じだけの情熱を傾ければ、彼らだって
別の道で大をなす可能性があり、私と同じようなことを
次の世代を背負う人たちに
語り継ぐことになるかも知れないからである。

この言葉が 当時まったく(今でもかsign02)箸にも棒にも
引っかからなかった私もヒネクれること無く、救ってくれました。
邱先生、感謝しております!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そして 終わった。。。

先週金曜日、新人のトレーニングが終了し、
卒業式がありました。
今回の新人ちゃん達は フィリピンの方20名&韓国の方9名でした。
卒業式のセレモニーでは恒例の新人ちゃん達 代表のスピーチ&
余興があり 普通は歌を歌ったり、踊ったり、寸劇をやったりします。
私の時は関西出身の同期がいたので 皆で寸劇をやり、笑いをとってました。
(さすが 関西人パワー ほんとに見習いました。)
今回は、歌&踊り しかもすごいアレンジ! 最近のジェネレーションは
エンターテイメント性 強烈!! 踊る 踊る!!
 

Cimg0036

Cimg0034_3 滞在ホテルのバスローブを羽織ってます。 女子もいますが ここには映ってません。 クラスの風景 Cimg0012 約2週間の準備&3日間だけの supplemental (補足的な)研修でした。 これから働き始める 彼ら&彼女達にとって役に立つものになればと 思います。 そして、終わってから なんと脱力感からか この3日間 何も やる気がおきないのですcoldsweats02   確かにオーバーワークぎみでした。片道1.5-2時間超の通勤もこたえ てます。 平均4:30−5時間の睡眠時間でした。shock どうしよう。。 勝間本を読んでも活力がでません。 超出不精になり、ひきこもりになりそうです。 一日中寝ていたいくらいです。 そういえば、前回も終わった後、数日ボーッツとしてましたかね。。。 やる気なし!!! いつまで続くかな。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

レッツノート 買ってもうた。。。

今年3月にmac book購入。そのuser friendlyなところと
おしゃれな感じ(今までが Dellの古い型だったから)にすっかり
魅了されておりましたのですが、

1. 持ち運びには 重いsweat01
2. macに対応してなくて ダウンロードができない事が数回。。sweat02

そして遂に


!在庫限! 【B5/オフィスなし】 パナソニック Lets note W7 [Core2Duo-U7600/1GB/120GB/DVD/XP-P/12.1型TFT/無線] (CF-W7DW3AAS) !在庫限! 【B5/オフィスなし】 パナソニック Lets note W7 [Core2Duo-U7600/1GB/120GB/DVD/XP-P/12.1型TFT/無線] (CF-W7DW3AAS)


販売元:セブンワン 楽天市場店

楽天市場で詳細を確認する

買ってしまいました。 売り場のお兄さんも”超おススメ”(違うメーカー担当なのに)。
なぜW7にしたかというと、このシリーズから DVD/CDの機能が
ついておりましたので。。ちょうど 持ち運びにも便利なサイズです。
で、 実際持ち運ぶと、”今までのは漬け物石だったのかsign02
という位 軽くていいです!!
あ、でも 打ち易いのはmacかな。。
んーなかなかperfectにはいかないですね

もう一つ 買い替えたいモノ
それは 電子辞書。 今のは5、6年使ってますが
重いwobbly。。。それでなくても荷物が多い私。
肩が ピリピリしてます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

"起きていることはすべて正しい” やっと入手。

仕事で名古屋、金山に今朝(11月30日)到着後、勝間さんの新刊を

買おうと3軒 回りましたが、ありませんでした。

ネットで近所の書店を検索し、電話で”昨日発売の勝間さんの

起きていることはすべて正しいという本は置いてありますか?と訊くと

暫く待たされ、”そういったものは 入ってきてないです。” と言われ

ました。。。。”ほんとに本やさんですか?”coldsweats02と 言いたくなりました。

どうしても今日読みたかったので 

JR名古屋駅 高島屋 三省堂にてゲット! 良かった!!

起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術 Book 起きていることはすべて正しい―運を戦略的につかむ勝間式4つの技術

著者:勝間 和代
販売元:ダイヤモンド社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さっと読んで ツボに入ったのは、

1.メンタル筋力を強くする心構えを作る。

 うれしがりすぎない、悲しがりすぎない。

 メンタル筋力が強い友人と付き合う。

 迷った時はとりあえず、 より新しいこととか、よりリスクが

 高めなことをやってみる。

ーこれは本当にそうです。 人間は基本的に保守的であり、意識して

これをやっていかないと どんどん技術などが進歩するこの世の中において

は必須でしょう。 これも普段から習慣化しないと イザという時できないですね。 

2.メンタル筋力が強い人の特徴のひとつ

 行動力がある。

ー良いと思った事、 アドバイスをもらった事を すぐ実行できるか?

即実行、その日に実行 の人が身近に居りまして、ある意味 わがまま

なのですが、人間的魅力が周りを動かすのでしょうか 周りの人間は

協力せざるうを得ない状況になる。 その分、お礼やかかった費用は

きちんと出す。 こういう人の共通点は時間を無駄にする事を一番

嫌がる。

2.フォトリーの長所は 速読でなく、”虫の知らせをトレーニング

すること”  ”五感を鍛える訓練”である。

ーこれは目から鱗です。 フォトリーは未経験ですが 速読法だと

思っていましたので。。。

3.アサーティブな振る舞いを身につける

リーダーシップのトレーニングに関わった時、このASSERTIVENESS

という題材を教えるようにアサインされたのですが あまりにも

自分には難しく、見かねた他の経験のあるインストラクターが代わって

くれました。 受ける側も教える側もすべてアジア人で このクラスでは

混乱して 泣き出してしまう人も出ました。

勝間さんのおっしゃるように ”相手も自分も大事にする自己表現の

技術”であり、たとえば納得がいかない事に対してどういうアプローチ

をするかなのですが、 言い方ひとつで 状況が変わってしまうので

とても微妙なのです。 特に仕事上では 上司、部下 または外部の

人との取引になりますから 非常に大事なことなのですが、”どう伝え

たらいいか?”というのに悩まされます。 ”いい人になろうとしすぎたり、

あるいは攻撃的すぎる振る舞い”が却って 理不尽な要求にうまく

対応できなくなります。  この点はアメリカ人同僚に見習う事が多い

です。 冷静に対応し、相手の要求を理解しつつ しかし自分の状況も

説明し、うまく お互いの納得するところで合意してます。

以上、さっくっと読んだところです。 またじっくり読んでツボに入った

ところ& 目からウロコなPOINTをUP していきたいです。 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »