心と体

40年後には 国民全員 肥満?

昨日、朝のJ-waveを聞いていたら、

”アメリカのヘルスケア研究所によると、アメリカの人々が 
このまま同じ食生活を続けた場合 40年後には国民の100%が
肥満になる”というのを聞きました。
今は国民の約78%だ そうです。

100% という数字も40年後という数字もどうなんだ?とは思いますが
”当たらずしも 遠からず”というのが 私の感想です。
アメリカに行った事がある人は よーく解ると 思うのですが
(特に内陸部)太る要因、条件が揃ってますよね。

まず、
1. 食事。いうまでもないですね。あの量!揚げ物!締めのデザート!!
2. 車社会。歩く習慣があまりない。
3.食材の流通システム。普通のスーパーマーケットの一つ一つの食材が
 jumboサイズ!大家族ならまだしも アイスクリームもバケツ位の
 大きさなので 結局あると食べてしまう。
 一週間に数回スーパーに行って買いだめ方式なので 加工品が多い。
4. 地域によっては 安全でないから 気軽にジョギングとか出来ない。
 私は比較的 安全と言われるミネソタのミネアポリスにいたのですが 
 やはり人通りがないので走るのも怖かったりしました。
(ミネアポリスは肥満率が実に高いと思います。)

アメリカ人同僚を見てるとやはり 貫禄十分な方多いです。
あの体重が負荷で膝をやられたり→手術、「あっ 痩せたね」と言ったら
胸の肉を落とした(昔 ドリューバリモアがやったといわれる)とか。
あまり運動するつもりは無いらしい。
私も以前 デブスパイラルに陥った事がありまして、
食べ過ぎ→動くのがおっくう→寝る→筋肉落ちる→増々太る
の繰り返しで、運動して痩せるなんて考えた事も無く、
アメリカで買ってきた食欲を押さえるタブレット、
矯正下着、色々やりましたが本当に
スパイラルから抜け出せたのは定期的に運動(特に走り始めてから)
に行く様になってからですね。

肥満は現代病。アメリカで起こってる事は”対岸の火事”ではないと
思っているのでちょっと恐ろしいですよね。和食の素晴らしさを大切にし、
エクササイズを続けて行こうと思ってます。

  


 

| | コメント (6) | トラックバック (0)