日記・コラム・つぶやき

偶然力とプランドハプンスタンスセオリー

勝間さんの”偶然力”Serendipityを読んでいたら ふと、以前勉強していた
キャリアカウンセリングで習った”プランド・ハプンスタンス・セオリー
(Planned Happenstance Theory 計画された偶然理論)
by ジョン・D・クルンボルツ(元スタンフォード大学教授/教育学、心理学)
を思い出しました。

内容は
「人生はなかなか計画通り進まない。偶然が入り込んで予定が狂っていく
ものである。だから その偶然をうまく取り込みその時々の問題を
解決する力を育てるべきである」

・人生は目標への手段でなく、とどまることのないラーニングプロセス。

「人生は先まで考えて計画的にガンガンいくべき」 という考え方に対し
「悩んだっていいのでは?こんな世の中先は見えないのだから、
考えて思い悩んだり、悩んで立ちすくんでしまうよりもっと気軽に
動いてみた方がいいのでは?」

しかし このideaだけでは物事はうまく進まないため 彼は動くための
指標として ”偶然”というkeywordを使った。
”偶然”という自分の予想や予定を遥かに超えることだけに 大きな
影響を及ぼす。それは時として 自分の力量以上の何かをもたらして
くれる。それには”偶然を必然に変える能力”が要る。

1. 好奇心(Curiosity) :新しい学びの機会を模索せよ。
2. 持続性(Persistence) : 失敗に負けず努力し続けよ。
3. 柔軟性(Flexibility) : 姿勢や状況を変えよ。
4. 楽観性(Optimism) : 新しい機会は必ずやって来て 
            それを自分のものにすることが出来ると考えよ。
5. 冒険心(Risk-taking) : 結果がどうなるか見えない場合でも行動を起こせ。

クルンボルツはこれらのスキルをのばしながら 次々に発生する
”偶然”に対して計画されたものであるかのように対応できる事が
人生の質を高め 深める、偶然を活かせるかとうかはその人次第で 
そのためには”立ちすくんでしまうより気軽に動いて 失敗しても
その学びを活かしていけばいい。
そいうラーニングプロセスを繰り返していくうちに きっと人生では
大きなものを得ているだろう。

という様な理論でした。

自分の思った結果にはならない事ばかりですが
この1番から5番を常に意識し、
試行錯誤ラーニングプロセスを
死ぬまで続けたいと思ってます。


 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

勝間和代さん プライベートセミナーに行ってきました。

”7月31日 勝間和代氏 プライベートセミナー&人生戦略策定セミナー”

待望の勝間さんのセミナーに行ってきました。
プライベートセミナーは少数制で14:30からで 25名ではなかったかと思います。
会場に行くと(18:30からのセミナーと同じ会場で 前方に椅子を 人数分、円を囲む様に
セットされていました。

いつもの様にOn-timeで始まり、勝間さんは 円の真ん中に立ち、あいさつに続いて、
”コンサルタント時代から心がけていることですが、お客さんに払ってもらった金額の20倍の価値を
持って帰ってもらうようにしています。 ですから 5万円x20で 100万円の価値が皆さんの今後に反映されるように今日のセミナーをやっていきたいと思います。”

そして 参加者が応募の時に書いていた質問事項を カテゴリー別にQ&Aに まとめた小冊子を元に
一つ一つ詳しくお話ししてくださいました。
小冊子とメモを元に keywordで記憶をたどりながらまとめますね。

Q1.”計画実行する事が難しいです。目標を達成する為の”計画の立て方”、”努力を継続する為に必要だと考えておられる事””困った時の対処法”を教えてください。

Ans. "一番大事なことは”困難は分解せよ”(ルネ デカルト)。高い目標でも分解して、今すぐできる事まで分解してください。 努力を継続するためには ”習慣になるまでしつこくやること”、習慣になるまではつらくても続けることです。習慣にできればそこからは楽になります。迷ったら、迷わずすぐ行動する。どちらかを選ばなければならない時は、大きな目標に近い方を選ぶ。どちらか決められないときは、逆にいえばどちらをやってもよい事だから、すぐやってみて結果をフィードバックした方がよいのです。迷うのは単なる時間の無駄。どうしても決められないのなら、極論まだクジで決めてしまった方がましです。決めるよりやる事の方が大事だから。 ただし、リカバリーできないほどのリスはとらないでください。一発で成功しようとするから迷うのです。 仮説→実験→検証です。失敗を計画し管理してください。”

・実行するのが難しい→分解がたりない。毎日できる事にまで落としていく。
・習慣にする為には→目安がついて、やりやすいもの(例えばじゃんけん。 じゃんけんも 数でこなせば勝率があがる。) 
・一般の人は 年に数個しかやらないが、成功してる人は毎日ベースで5個くらいやっている。
・"私のところには今 TV局からの企画の話もきますが それも30個 アイデイアを出して1個 通ればいいや位の感覚。”
・無駄な努力はただ疲れるだけ。
・try & error を繰り返す。
・”ただ努力でなく、習慣にする仕組みを作る努力をする”。

など いつも勝間さんがおっしゃってることをさらに具体的に説明してくださいました。
Keywordも繰り返し聞く事で より ”やらなあかん!!”と思えてくるから不思議です。
勝間さん 約2時間 non stopで 相変わらずの 滑舌&無駄なしトーク そして 夜の部もまたもや2時間ぶっ通し。 さすがです、 今回は大福2個だけとかは ないですよね。。。 


もっともっと続きます。でも もう限界まできました。
今日は本当に内容の濃い一日でした。 興奮さめやらぬ私ですが 明日もあるし寝ます。
会場で知り合った お二人(2つのセミナー 参加) 色々お話できて良かったです。ありがとうございました。長崎から来られた方もいらっしゃいました。

初めてのブログ、一歩踏み出せました。
つたない内容ですが、がんばります。

おやすみなさい。
ゆうぴょん


 

| | コメント (7) | トラックバック (0)